野菜

スティックセニョール(茎ブロッコリー)について農家が解説!【レシピ・栄養素】

スティックセニョール(茎ブロッコリー)とは

こんにちは!千葉県船橋市にある15代続く老舗農家、かまくら農園です。

 

当農園では枝豆ととうもろこしをメインに、様々な野菜を栽培しています。

 

今回は、当園が育てている野菜の一つ「スティックセニョール」について紹介していきます。

 

聞きなれない野菜だと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

 

それでは、参りましょう!

 

本記事の内容

  • スティックセニョール(茎ブロッコリー)とは
  • 味について
  • 栄養素について
  • おすすめのレシピ、食べ方

それぞれ順に述べていきますね!

 

スティックセニョール(茎ブロッコリー)とは

スティックセニョール(茎ブロッコリー)とは

別名、茎ブロッコリーと呼ばれる野菜で、「ブロッコリー」と「かいらん」という中国野菜の掛け合わせで作られた品種。

 

年中出回っている野菜ですが、1番美味しいと言われる時期は11月ごろ〜3月までとなっており、かまくら農園ではこの時期にスティックセニョールを収穫しています。

 

また、ハウス栽培で温度と湿度を徹底的に調整しながら栽培しているので、1番の食べごろを見計らいお客様に提供できるよう心がけています。

 

スティックセニョール(茎ブロッコリー)はどんな味?

スティックセニョール(茎ブロッコリー)はどんな味?

茎ブロッコリーと呼ばれるぐらいですので、ブロッコリーに味が酷似。また、アスパラガスのような甘みと食感があります。

 

苦味が少なくとても食べやすいので、小さなお子様でも美味しく召しあがれる野菜です。

 

スティックセニョール(茎ブロッコリー)の栄養素

スティックセニョール(茎ブロッコリー)の栄養素

ビタミン類が豊富で、その中でも特に美容や肌に効果的なビタミンCが豊富に含まれています。(なんとその量はレモンの2倍とも!)

 

また、食物繊維が豊富に含まれているので、お腹の調子を整えてくれる効果も。

 

さらに、他の野菜と比べてもタンパク質が豊富に含まれているので、筋トレ好きの方にもオススメです。

 

スティックセニョール(茎ブロッコリー)のおすすめレシピ、食べ方!

スティックセニョールの甘みがお肉との相性バッチリですので、肉巻きがオススメ。

 

ガーリックとも相性抜群ですね。

 

プチヴェールの料理

かまくら農園でもプチヴェールとカリフローレを使い、ソーセージと一緒にガーリック炒めにしました。抜群に美味しかったので、皆様もぜひやってみてくださいね。

 

その他のレシピはクックパッドを参考にしてみてください。

 

保存方法

ご家庭では、冷蔵庫の野菜室かチルド室に入れて保存していただければと思います。

 

その場合はジップロックかビニール袋に入れるとなお良しです!

 

また固めに茹でて頂ければ、冷凍して保存することができます。

 

いずれにせよ、できるだけ早く新鮮なうちに食べていただくのが吉です。

 

スティックセニョール(茎ブロッコリー)まとめ

スティックセニョール(茎ブロッコリー)まとめ

以上、スティックセニョールについてでした。

 

まだまだ知名度の低い野菜ではありますが、少しでもスティックセニョールの魅力がが広まっていってくれたら嬉しいです。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

新鮮野菜を産直通販しています

新鮮野菜を産直通販しています

かまくら農園は、新鮮な枝豆ととうもろこしを産直通販で販売しています。

 

15代続く老舗農家ならではのノウハウで栽培した上質野菜を、最高鮮度でお届けいたします。

 

LINEにて販売開始情報や、クーポン情報を配信します。よかったらLINE友達追加してお得にご購入ください!

\お気軽にどうぞ/

友達追加する

この記事をシェアいただけたら嬉しいです↓

-野菜
-,

© 2021 かまくら農園